日本を蝕む「腹脱毛」
ホーム > > 3Dプリンターを使って盲学校で触れる検索機

3Dプリンターを使って盲学校で触れる検索機

3Dプリンターの進歩が進んでいます。ヤフーの3Dプリンター機を使って、盲学校で触れる検索機の授業が行われました。声で作りたいもの伝えると、機械が音声を読み取り3Dにして模型を作ります。児童は、キリン、象、スカイツリー、など次々に検索機に向かって伝えます。15分ほどで完成し、手のひらサイズの模型を楽しそうに触って形を把握していきます。「スカイツリーってこんな形なんだ!」「象ってこんなに鼻が長いんだね」という児童の声が聞こえてきそうです。言葉で伝えても、複雑で特徴ある形はわかりにくものです。そんな時、形にしてくれる3Dコピー機あれば、直接触れることで形を伝えることができ、児童のストレスは解消できると思います。
また、同社は触れる検索機の他にインターネットで3Dのイメージを届けるようなシステムを開発中のようです。ドラマのようにワンクリックすると、画面から
立体が浮かび上がるような機能が登場したら、驚きですね!今後の技術開発に期待です。
わたしもプリンターを買うためにキャッシングするつもりです。
派遣社員でも借りることが出来るのは嬉しいですね。
情報の詳細は派遣のカードローン在籍確認クリア|知っておくべき注意点とは?こちらのサイトです。